top of page

BLOG: Katte Kimama

  • 岩本貴志

「カイツブリの子育て」その7、あきらめずに最後に作った巣は

Updated: Jul 26, 2022

このブログでは2017年、井の頭公園のカイツブリの繁殖、子育て奮闘の様子を、写真と共に紹介しています。

新たに巣を作ったのは、葉っぱの生い茂る木の枝 7月16日

6羽いたヒナを全て失った弁天池のカイツブリ夫婦。

あきらめずに、繁殖するためその後もいくつかの場所で巣を作ろうとした。

それらは上手くいかず、そして最後に作ったのがこの巣。



「カイツブリ子育て観察日記、4」で取り上げたカイツブリのつがいは、弁天池の上流側、奥に再び巣を作った。



巣の補修を急ぐ親鳥 7月16日

巣には既に卵が産み付けられている。

すぐにでも沈んでしまいそうな、水びだしの弱弱しい巣。


親鳥はひっきりなしに巣を補強するが、果たして間に合うのだろうか?


親鳥の重みで卵は水に浸かってしまう 7月16日


卵を温めなければと、親鳥が巣に上がると、重みで巣は半分近く水に浸かってしまう。

卵は半分水没状態。

水に浸かった卵を温め続ける親鳥  7月17日

それでも親鳥は卵を温め続ける。


雨が降ったら、またすぐに沈んでしまいそうな巣、大丈夫だろうか?

葉っぱの茂った木の枝、雨が降ると大きくたわみ沈んでしまう。

心配だ。


日を置いて現場に、行ってみると、残念ながら心配は的中。

巣もろとも卵と共に跡形も無くなっていた。


しばら周辺にいた親鳥たちも、いつの間にやら姿を消した。

この年の繁殖はあきらめてしまったようだ。





つづく

 

前の記事

次の記事

Displayed from Japanese to English using Google automatic translation.
Please understand that the meaning may be slightly different.

bottom of page