top of page

BLOG: Katte Kimama

  • 岩本貴志

「カイツブリの子育て」その8、卵が孵った!

Updated: Jul 26, 2022

このブログでは2017年、井の頭公園のカイツブリの繁殖、子育て奮闘の様子を紹介しています。


生まれたばかりの小さな命、すでに食欲は旺盛



今回取り上げるカイツブリは、前回「カイツブリ観察日記」その7でとは別のひょうたん橋近くで繁殖しているつがいです。

 

7月26日(2017年)現在、井の頭公園では2組のカイツブリが抱卵している。

その二組両方の卵が今日孵った。

今回取り上げるのは、ひょうたん橋近くのつがい。

管理人は巣の中に4個の卵を確認していて、そのうちの一つだけが今日孵った。

巣材と見分けがつかないヒナ

分かるだろうか、羽の中で休んでいた雛が、親鳥が立ち上ると同時に転がり落ちてしまった。

矢印の先に転がり落ちたヒナがいる。

知っていても気付かないほど枯葉と同化している。

大丈夫かな?

ヒナは既に自ら歩く事ができるので、大丈夫だ!


親鳥は全く手伝う気配も無くヒナを見守るのみ。

心配するまでも無く、ヒナひとりだけの力で這い上がり親鳥の羽に潜っていった。

大人の親指ほどの大きさしかない小さな命、既に逞しく生きていく力を持っている。


つづく

 

前の記事

次の記事

Displayed from Japanese to English using Google automatic translation.
Please understand that the meaning may be slightly different.

bottom of page