BLOG: Katte Kimama

  • 岩本貴志

「続、カイツブリの子育て」その14、新たなヒナ

Updated: Jul 26

このブログは2018年に井の頭公園で繁殖したカイツブリの繁殖、子育て奮闘の様子を紹介しています。

前年、観察を続けていたヒナたちは全滅。今年こそヒナが立派に成長するまでの一部始終が見てやろう!と、書き始めたのがこのブログです。


親鳥はヒナに餌を与えている。ヒナは無事に孵った! 6月12日 弁天



 

6月12日、期待していた通り、弁天池でヒナが孵っていた。


果たして何羽孵っただろうか?

こちらからだと木の枝が邪魔をしていてよく見えない。

動物園の分園に入場すると向かいからよく見る事が出来るのだが、開園時間は9時30分。

それまで、水生物園のファミリーを観察しよう。

ヒナは4羽しか見当たらない、どうしたのだろう?

親鳥はヒナを連れて散歩していた。

ヒナは4羽しか見当たらない。

5羽いたヒナの1羽はどうしたのだろう?


もしかしたら、外敵にやられてしまったのかもしれない。

親鳥が1羽しか見当たらないので、その親鳥と共に出かけていればいいのだけれど。

いつも観察している人から話を聞いてみると、昨日も4羽しか見ていないそうだ。

はたして1羽のヒナは大丈夫だろうか?


池には外敵がたくさんいる。


上空からカラス、水面からヘビ、水面下からカメなどなど。

彼らはいつも、うまそうなヒナをどうやったら仕留められるのか狙っている。

いずれにせよ、見られない1羽のヒナが無事である事を願わずにはいられない。

弁天池、孵ったヒナは3羽! 

弁天池を見に行くと、ヒナは全部で3羽。

卵も2個確認出来た。

もしかしたら最初の卵は、6月9日土曜日から孵っていたのかもしれない。

雨で巣が湿っているが、とりあえずは大丈夫そうだ。


こちら、弁天池のカイツブリファミリーも、無事にヒナが孵った!これから親鳥たちは大忙しになる。





つづく


 

前の記事

次の記事

Displayed from Japanese to English using Google automatic translation.
Please understand that the meaning may be slightly different.