BLOG

岩本貴志の勝手気まま、ブログ

新しいレンズを使ってみて、「タムロン150-600mm」

今回はいったんカイツブリをお休みして、使用機材、レンズを取り上げます。

写真を撮るのにカメラとレンズは必須アイテム。

写真の仕上がりにも大きく影響するので、こだわりたい。

最近のレンズは画質はともかく、手振れ補正やオートフォーカスが進化していてとにかくすごい!

管理人とベースであるケニヤからは、でかい荷物は大変なので必要最小限の機材しか持ち帰っていない。

そのなかで今手元にあるレンズで望遠は、ニコン70-200mm。

2倍のテレコンバーターも持ってきているので、なんとか400mm。

画角は、APSサイズでの300mmにも及ばず、野鳥を撮るには、物足りない。

ズームレンズにテレコンバーターを使うので、画質もちょっときつい。

今回、友人とタムロンさんのご好意で、巷で話題のレンズ、TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2を使用する機会に恵まれた。

しばらく使っていていいとの事で、超望遠レンズの無い自分としては、とてもとてもありがたい。

このレンズを使い始めてから1週間経ったので、これまで使ってみての感想を書く事にした。

愛機ニコンD800Eに取り付けたタムロン150-600mmレンズ

管理人自身このレンズのレビューは見ていないので、使ってみての感想は、自分自身の直接の感想。

これから、本格的望遠レンズの購入を考えている方への参考にでもなれば幸いである。

まず、最初に愛機のニコンD800E装着してみて、最初に思ったのは非常にバランスがいい。

カメラにはホールディングを良くするために、縦位置グリップMB-D12を取り付けている。

この縦位置グリップは状況によって付けたり付けなかったりするが、このレンズとの組み合わせでは取り付けた方が圧倒的にバランスがよく、しっかりと構える事が出来る。

三脚座の形もサイズもちょうど良く、左の写真のように三脚無しでも、ちょっとした土台に、安定した状態で固定する事が出来る。

一番レンズを縮めた150mmの状態にしてもバランスは崩れない。

望遠600mmいっぱいまで伸ばした状態

三脚ねじ穴も二個あるので、長いシューなど2本のネジで固定する事が出来る。

ねじ1本で固定するのと比べ2本だと強力に固定出来て緩みにくい。

管理人は、マンフロットのシューで統一しているのだが、ねじ穴が一つしかないレンズは振動などで簡単に緩んでしまい、しょっちゅう増し締めしなければならない。

三脚座にアルカスイスの溝が彫ってあるのも、アルカスイス雲台使用者にはとてもありがたく、角も丸まっているので手が痛くなる事もない。

重心も低く、アルカスイスシューを使えば絶対に緩まないシューだ。

三脚座の下には2個の1/4インチねじ穴、さらに両脇に2個の小さなねじが切ってある。

三脚座の素材はマグネシウムだろうか、軽いのに三脚に固定すると大きさの割りに十分頑丈に出来ている。

回転座の固定ねじはちょっと小さいが、邪魔にならないところにまっすぐ90度の角度で付いている。

慣れの問題だが、固定ネジが斜めについているレンズは戸惑ってちょっと使いにくい気がする。

回転も多少引っ掛かりはあるものの、スムーズで使用上全く問題ない。

手振れ補正

手振れ補正4.5段は、実際使ってみてそれ以上の性能がありそうだった。

600mmという超望遠でありながら、適当に手持ちで構えて撮っても、カチリと決まった写真が簡単に撮れてしまう。

今までの超望遠でのでかい三脚を使っての撮影は何だったのだろうと思ってしまう。

オートフォーカスや、手振れ補正の切り替え操作類は全てレンズ左側にまとめられている。

デザインは斬新だが若干の欠点を見つけた。

スイッチの形状がフォーカスリミッター以外全て同じ形状で撮影中操作するのに、どれがどのスイッチだか分かりづらい。

機能ごとに形状を変え、感触でスイッチの種類が分れば、操作性は向上すると思う。

レンズ左側にまとめられたスイッチ類

もう一つ、スイッチが引っかかりやすく軽い力で簡単に動いてしまう事。

レンズをカメラバックから取り出す際や、何かの拍子でちょっと触れただけでもスイッチが思わぬ設定になってしまう。

撮影中「AFが動かない!?」「手振れ補正どうした!?」という事がよく発生する。

特にシャッターチャンスにあわてて構えた時などなので性質が悪い。

タムロンさん、ぜひ改良をお願いします!

オートフォーカス

AF精度は非常に高く、70-200mmに2倍テレコンを装着したものよりも、スムーズで動きも繊細、かなり高い確率でピントを合わせてくれる。

ピントの精度が高いので、同じショットを保険で何枚も撮る必要はかなり軽減された。

特筆すべくは、使っているニコンD800EではAF微調整を全くする必要がなく0でちょうどいいという事。

管理人の使っている70-200mmと2倍テレコンの組み合わせでは、かなり後ピンで、AF微調整してもその傾向はうまく直らない。

ニコンサービスセンターでは有料で調整してくれるそうだが、調整無しでピタリと合ってくれるに越した事は無い。

しかし、いったんピントをはずすと、最遠、最短と、とにかくピントが端まで動いてしまい、何度オートフォーカスを動かそうとしても動かなくなってしまう。

そんな時はフォーカスリングを回して「AFさん動いてください!」と、AFを刺激する必要がある。

明るさがf6.3と暗いからか、小さな飛んでいる鳥などはD800Eだとほとんど追従しない。

マニュアルでピントを操作する場合、マニュアルリングの位置がかなり手前側に付いているので、レンズをホールディングしている左手はフォーカスリングに触れるためにかなり手前に動かす必要がある。

デザイン重視のリングで指が引っかかりにくく、ファインダーを覗きながらだと指の感触でフォーカスリングだと分かりづらいので見つけにくい。

撮影距離、最短から無限までのストロークは90度ほど、最短が2.2メートルなのでマニュアルでのピンと合わせは微妙な操作が要求される。

ストロークは最低でも120度ぐらいはとって欲しいところ。

フォーカスリングはしっとり滑らかでMFでも操作しやすいのにちょっと残念だ。

フードはプラスチックのバヨネット。

効率よく遮光溝が彫ってあり、逆行で太陽を見てもほとんどの反射光がレンズに入ってこない、後ろから覗いてみると真っ黒。

非常に効果的だと分かる。

欠点は、レンズへの取り付けロックが弱い事。

使っていて知らないうちにフードが回転してしまい、外れてしまう事が何度も起こっている。

サファリなどで使う場合など、テープ等で固定する必要がありそうだ。

ロック機構を取り付けて、簡単に外れないような工夫がされればいいと思う。

非常に効果的なフード

一つ個人的に残念だったのは、

レンズの絞り機構が電磁絞りになってしまった事。

他社のカメラと組み合わせたりと、色々な遊びや、応用がフル機能で出来なくなってしまった。

管理人は、パナソニックGH-4と、シグマSD15にニコンレンズを付けて遊んでいる。

絞りが使えないのは痛い!!!

動画撮影では、絞りリングでの絞り操作は、ちょっと明るさを変えたい時に、機械的、感覚的に滑らかに絞りを調節する事が出来る利点があるのだ。

描画性能

320mm付近 f7.1 1/200s  ISO400 ノートリミング

肉眼で見ると非常にまぶしいほどの、高輝度のヘッドライトがまっすぐ視野に入っているにもかかわらず、ゴースト、フレアは見受けられない。

一昔前の高性能短焦点望遠レンズを凌ぐ性能だ。

非常に逆行に強い。

さらにこのレンズは防水性も良いとうたっているので、このような突然の雨でもレンズが濡れても気にせず撮影に集中出来る。

もちろん、レンズをカメラバックにしまう際は、水滴をきれいにふき取るのをお忘れなく。

最短撮影性能

600mm 開放f6.3 ほぼ最短撮影距離2.2m、ノートリミング

太陽の直射光でトンボを最短撮影距離で600mm開放で撮ってみた。

シオカラトンボと思いきや、違うそうだ。

体調は10センチほどだろうか、シオカラトンボよりもちょっと小さいか?

最短撮影距離が2.2mなので、ちょっと角度をつければ真下に近い位置でも撮影する事が出来る。

前機種最短の2.5mと比べると違いは小さいようだが、とても大きい。

ネイチャーフォトなどを撮るには非常に重宝する機能だ。

直射日光に当たった被写体でもボケはほとんど癖無く自然にとろけていく。

上記写真を 900x600ピクセル等倍で

上記写真をD800Eの 3600万画素を900x600ピクセル等倍で切り取ってみると、このレンズのすごさが分かる。

開放であるにもかかわらずピントの合った部分はくっきりと、トンボの毛が分離されて描写されていることが伺える。

150mm側でも開放からシャープで十分使えるレベル。

作例準備中。

ニコンの200-500mm f5.6も非常に気になるけれど、焦点距離の範囲がかなり違う。、

広角側200mmが150mm、望遠側500mmが600mm、ズーム比も2.5倍と4倍。

同じ土俵では戦えそうで、ちょっと違うかな。

このレンズは野生動物や野鳥等のネイチャーフォトに限らず、航空機、鉄道、スポーツなど望遠を必要とする場面ではこれからどんどん活躍していくレンズであることは間違いないと思う。

使っていて非常に欲しくなってしまった。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

とりあえず思いつきで、データなど見ずに書いているので、これから作例など加えながら加筆、修正していこうと思います。

しばらくしたら、また覗いてみてください。

タグ:

Copyright © 2014 TAKASHI IWAMOTO VIDEO / PHOTOGRAPHY All Rights Reserved.