BLOG

岩本貴志の勝手気まま、ブログ

タミヤ接点グリス、電気系統修理に心強いアイテム

前回に引き続き、地味ですが再び車ねたを取り上げます。

以前ブログで取り上げたスターターモーター(セル(スターター)モーターの修理)、ソレノイドを交換してから、キーをひねっても、しばらく反応しなかったりと、どうも接触が悪い。

スターターモーターを何度か車から取り外し、接点をペーパーで磨いたり、古い接点に戻してみても症状はあまり改善しなかった。

最も大電流の流れる場所なので芳しくないし危険だ。

たった12ボルトで、巨大な1HZエンジンをクランクし、スタートさせるわけだから、極太ケーブルがバッテリーからスターターモーターに直行している。

スタートの瞬間など相当な電流が流れるのだろう。

エンジン左下にあるスターターモーター、これからはずして作業にとりかかる。古いランクルは簡単にはずせる。

昔、子供の頃RCカーで遊んでいた身としては、こんな場所にはタミヤ、接点グリスが塗りたくなってしまう。

いったいどれぐらいの効果があるのか?

実際に接点に塗る前から期待が膨らむ。

さてさて、ケニアで接点グリスに相当するものを、パーツショップや、ハードウェアショップなど、ナイロビ中探してみるが、それに相当するものは管理人には見つけられなかった。

見つけたのは接点の汚れを流しとるスプレーのみ。

という事で、日本へ帰国早々新宿の某量販店でタミヤ接点グリスを購入し、忘れないようスーツケースに入れておく。

値段はたったの237円税込み、ポイント10パーセント

ついでにタミヤねじ止め材も購入した。

ケニアに戻ると、愛車と共に放置されていたバッテリーはダウン。

バッテリーを取り外し、家の中で3アンペアちょっとでゆっくりと充電、24時間で本来の容量の7割ほどの電気を吸収。

さらにしばらくして14.2ボルトを超え、これ以上はあまり電気が食べられないとバッテリーの声を聞いて充電完了。

このバッテリーはまだしばらくがんばってくれそうだ。

バッテリーを車に戻し、「接点の調子が良くなっているかなー?」というありえない期待をよそに、スターターキーをひねってみるが症状はそのまま。

エンジンはかかるものの、以前同様接触が悪く反応が悪い。

しばらくそのままで乗っていたのだが、つい一ヶ月ほど前スターターモーターを取り外し、買ってきた接点グリスを塗ってみる事にした。

スターターモーターのスイッチ部分を開けてみると案の定、黒いぶつぶつ。

接触不良で熱を発生させ焦げ付いている。

すすが付いてますます接触不良になってしまう、悪循環である。

スターターモーターの中身をのぞいてみると、こげた痕、接触が悪く熱を発生していた事が分かる。

いままで何度か空けて接点は磨いているのだが、接触不良は改善されなかった

接点をペーパーで磨いてから、ベンジン、エタノールできれいに洗浄、

今まではそれでくみ上げ戻していたが、今回は日本から持ってきた接点グリスを最後に塗って仕上げる。

接点を適当に磨いて、最後に接点グリスで仕上げる

くみ上げたスターターモーターを車に戻し、ボルトやナット、ケーブルが全て元の場所にしっかりと戻り、固定した事を確認。

バッテリーターミナルを元に戻し、キーをひねる準備が出来た。

さてさて結果は?

キーをひねってみると、タイムラグ無く、火花(音)を散らす事もなくパワフルにエンジンは始動した。

以前は接触不良で、反応も悪くひ弱にしか回っていたのとは大違いである。

作業後は面で一気に電流が流れているようだ。

接点が熱を持って焦げ付くことも無さそうだ。

効果は期待以上!

ついでに反応の悪くなっていた、クラクションや、ヘッドライトのリレーなどにも塗っておく事にした。

接点グリスを塗ってから一ヶ月経つが、効果は今でも変わり無く継続している。

タミヤ接点グリスは、車をちょっといじる人には是非お勧めしたい一品だ。

値段対効果、コストパフォーマンス抜群である。

さてさて、今度は家の中の古くなった家電でも試してみよう。

Copyright © 2014 TAKASHI IWAMOTO VIDEO / PHOTOGRAPHY All Rights Reserved.