BLOG: Katte Kimama

岩本貴志の勝手気まま、ブログ

  • 岩本貴志

火星、ゴーヨン(500mmf4望遠レンズ)での惑星撮影、準大接近から40日後の姿

最終更新: 3月24日


10月6日、今年準大接近となった火星、夜空に明るく輝き、結構大きく見られた火星。

残念ながら、その日を前後したしばらくの期間、仕事の関係で、惑星の撮影が出来ずじまい。

さらに、天候に恵まれなかったりと、やっとの事撮影できたのは11月15日、順大接近から1ヶ月以上も経ってからになってしま

った。


そのときに撮影した火星の最終出力画像が下の写真です。


撮影地はナイロビから70キロばかし南に行った、オロルゲサイリエという場所。


今回は、その時の火星の写真を紹介します。



画像処理で、ここまで模様が浮かび上がった



今回も、拡大撮影法での撮影。

上の写真、東西南北は修正済み、だから写真、上が北、右が東。


今回撮影して感じたこと、地球との順大接近の衝から40日ばかししか経っていないのに、「火星ってこんなに欠けてしまうのだなー!」という事。


準大接近の10月6日の地心距離、0.414AU、視直径22.6"と比べると、撮影時の地心距離は0.541AU、視直径17.3”直径で3割ほど小さく見えている事になる。

(データは、ステラナビゲーター95で算出。)


写真をよく見ると、北極と南極に極冠が見てとれる。

どちらもそう大きくない。

水ではなく、ドライアイスの雪原だ。


火星は25度ばかし地軸を傾けて自転しているので、地球と同様、季節の変化がある。

画像の極冠の位置から、北極側が太陽の方に傾いている。

北半球の極冠がまだ残っているという事から推測すると、北半球はきっと春か初夏なのだろう。


よく見ると、南の高緯度付近、右下から細長く、白い線が延びている。

強い風が吹いて、砂が巻き上げられているのだろうか?


火星では月と同様、表面に暗い部分が海といわれる。

実際は海といわれても、当然水などがあるわけではない。


画像、真ん中左上の黒い部分、おそらく大シルチス、ここから右下に小シルチス

その下のちょっと明るい部分がヘラス盆地

ではなかろうか?!


写真用の500mmの望遠レンズで、ここまで火星の細かな様子が観察出来てしまうとは。

準大接近の時に撮りたかったものだ。


撮影方法

今回の撮影も以前、ゴーヨンでの木星撮影でご紹介したのと同じ方法で撮影。

レンズは、ニコンのAi Nikkor 500mm f4P で、カメラはパナソニックGH4を使用している。

全ての画像は開放のf4!


動画で撮影した映像を、いつものようにRegistax6で処理、最終処理はフォトショップで合成、トーンを調節して仕上げた。


続けている太陽の撮影で繰り返している合成処理作業、作業もかなりこなれて、手際よく処理にかける時間もかなり少なく済むようになって来た。


上の写真は、素材を変え、Registax6での処理を変えたものをいろいろと試しながら、合成。


一つ、前回の木星撮影と違うの点は、画面上小さな画像でしかない火星を、大きく見せるため、元画像をピクセルを200パーセント拡大し、1ピクセルずつ、それぞれ画素ずらしをして合成している。


この画素ずらし技、画質の劣化を抑えて拡大できるので、結構使える。


前回の木星の画像も、画素ずらし処理をすればもっと細部まで浮き上がるだろうか?

近々やってみよう。


ちなみに今回も、西の空低いところに姿を見せている木星と土星も、火星の撮影前に撮影した。

しかしながら、驚くほどのシーイングの悪さで、木星も土星もファインダー画面の中でこねられるようにグニョグニョと、うごめくありさま。

画像は到底、期待出来そうもないので、出力処理は行っていない。


地球の外側、最も地球に近い軌道を公転する火星。

地球よりも多少ゆっくりと、地球と並行して一緒に動いているので、結構長い期間、夜空にその姿を見せてくれる。

逆にいうと、それだけ見えない期間も長いともいう事が出来る。


来年、1月22日に東矩(北半球では、日没時に、ちょうど真南になる。)を向かえ、次回の地球への接近は2022年12月1日。


地球と火星が会合する期間は、2年2ヶ月おき。


次回は前回(2018年7月31日)の大接近と、今回の準大接近(2020年10月6日)と比べると、あまり近づかない小接近。

再び火星が大きく見える準大接近は、2033年7月、大接近に関しては2035年9月まで待たなければならない。


火星の軌道は結構な楕円軌道、しばらくの間その大きく膨らんだ部分で地球と会合する事になる。


13年後の次回の準大接近、その頃には、撮影機材に関しても大きく変わっている事だろう。

その頃、もしかしたら火星に人類が到達しているかもしれない。

それは無いか。


という事で、しばらくぶりのブログ。

頭が固くなっているので、再開のブログはここらへんで。










ブログをご覧いただきありがとうございます。最近、環境によってはブログに貼り付けたリンクが開けないというトラブルが発生しています。お手数ですが、一度そのブログのカテゴリーのまとめに戻っていただけば、ブログが開けるようになります。