BLOG

岩本貴志の勝手気まま、ブログ

  • 岩本貴志

「都会のオオタカ、観察の記録」1、はじめに

最終更新: 11月10日

2018年の6月から7月にかけて、管理人自身かなり気合が入っていて、「続、カイツブリ観察日記」ブログを更新していました。


当時カイツブリとオオタカの両方を観察していた管理人、早朝オオタカをみて、その後カイツブリ、そして職場へ、夜帰宅し、ブログの更新、再び翌朝早朝5時前に出発と、そんな毎日を送っていました。


ちょっとがんばりすぎだったようで、その後しばらくは体がだらけモードに入ってしまいブログの更新もおろそかになってしまいました。あまりがんばりすぎるのも、後々響いたりしてしまいますので、ほどほどが良いようです。

という事で、去年(2017年)何度かブログで取り上げたオオタカ、去年に引き続き今年(2018年)も同じ場所で繁殖、3羽の雛は全員無事に旅立っていきました。

無事に育った3羽の雛、遠くへ羽ばたいていく日も近い。2018年7月7日

今まで記事にしていなかったオオタカをこれからこのブログで取り上げようと思います。


題して、「都会のオオタカ、観察の記録」と致します。

管理人のオオタカとの出会いは、去年2017年7月の終わり、日本に帰国後しばらくたったある日、近所の公園でオオタカが繁殖しているという事を知ったのがきっかけです。


その時、オオタカの雛は既に巣立ちを終えた後、その時観察出来たのはわずか1週間ほどだけでした。(オオタカ、1、2、3)参照

幼鳥の旅立ち後はしばらく姿を消していたオオタカ


年も暮れに近づく頃、オオタカが前回繁殖に使用した公園の森に現われるようになり、再び繁殖の準備を開始しました。


このブログ、「都会のオオタカ、観察の記録」では、繁殖の準備から、雛の旅立ちまでを、管理人が観察したオオタカの姿を、少しずつ管理人の妄想を込めて写真と共に紹介していこうと思います。

是非ともよろしくお願いします。




この「都会のオオタカ、観察の記録」全40話となりました。

ご興味のある方、是非のぞいてみてください。


誤字脱字、間違え、読みづらい点、たくさんありますが、少しずつ修正していくつもりです。


2020年10月31日


前の記事


オオタカ君も元気にやってます

次の記事

「都会のオオタカ、観察の記録」2、親鳥と共に戻ってきた雛

Copyright © 2014 TAKASHI IWAMOTO VIDEO / PHOTOGRAPHY All Rights Reserved.