BLOG

岩本貴志の勝手気まま、ブログ

  • 岩本貴志

「都会のオオタカ、観察の記録」25、食欲旺盛な幼鳥たち

最終更新: 11月10日

「都会に進出した猛禽、オオタカの物語」


このブログでは、2017年7月から2018年12月までの間、都会の公園の中、管理人の目の前で繰り広げられた野生のドラマ、オオタカの生き様を紹介しています。


獲物を持って着地体勢に入った父鳥 7月9日



雛たちが巣から出てから何日か経つと、母鳥は幼鳥たちのもとへは殆ど姿を現さなくなってしまいました。

子育ては完全に父鳥にバトンタッチされたようです。


今回は食欲旺盛な幼鳥たちについて取り上げます。


追いかけっこをしたりして遊びながら、空を飛ぶのにもだいぶ慣れてきた3兄弟。

いつも飛び回っているので、お腹はいつもペコペコだ。

だから、おとうさんがエサを持って来るのをいつでも待ちわびている。

父鳥は獲物を捕まえいつものように、幼鳥たちのいる森へとやって来た。

獲物を枝において、元気にやってくる子供達を見るやいなや、すぐに次の狩りへと出かけた  7月9日

エサを持ってくる父鳥を見つけるやいなや、3兄弟は真っ先に、我先にエサを得ようととお父さんめがけて飛んでいく。

父鳥は、母鳥に獲物を渡していた時と同様、この時期、幼鳥たちへのエサの受け渡しも獲物を木の枝に置いて、幼鳥たちに獲物を渡していた。

幼鳥たちが獲物をを取りに来るのを確認するやいなや、父鳥はすぐに次の狩りへと出かけていく。

最初にエサにありつけるのは、最初にその枝に辿り着いた幼鳥。

幼鳥たちは我先にとエサ目掛けて飛んで行く。

でも、最初に辿り着いたからといって優先的にたくさん食べられるわけでもない。

父鳥はいつも違った方向からえさを持ってやって来るので、幼鳥たちには、次にお父さんがどこからやってくるのか分からない。

でも、父鳥がエサを持ってやってくる飛行ルートとエサの置く場所には、いくつかの決まったパターンかあるので、3兄弟それぞれ、今度お父さんはあそこから獲物を持って来るんじゃないか?ここに置くんじゃないか?と、兄弟それぞれ予測しながらエサを待っているようだ。

遊んでいる時でも、時々遠くを眺めたりして、内心「今度は私が先にエサを食べてやる!」そんな風に考えているみたいだ。

エサを食べ損ねないように、大抵止まる場所は、見晴らしの効くところ。

あいつだけ一人でなんかおいしいものを食べたりする事が無いよう、兄弟、特に2羽の姉妹はお互い監視しあっているようだ。

獲物を運んできた父鳥 7月13日

この時期、オオタカだけではなく、あちこちでいろんな鳥たちが巣立ちをしている時期にも重なる。

巣立ちしたばかりの幼鳥たちは巣の外の事など殆ど何も知らないし、飛ぶのもまだまだ未熟。

ましてや猛スピードで接近、襲い掛かってくるオオタカなど、かわす術は何も持っていない。

そんな小鳥たち、オオタカにとっては簡単に捕まえられる格好の獲物となってしまうだろう。

そんな、格好の獲物がたくさんいるからなのだろう、この時期、父鳥は今まで以上に頻繁に獲物を捕まえてくる。

それでも3羽の食欲旺盛な幼鳥のお腹を満たすのにやっとのようだ。

今度はあそこにエサを置くようだ、いつも独りで遊ぶのが好きな長男がちょっと出遅れた 7月13日

父鳥は、エサ目掛けて飛んでくる3羽の子供達を横目で確認して、エサを木の枝に置いた。

一人で遊んでいた長男は若干出遅れたようだ。

エサに3兄弟が集結したのを見るや否や、父鳥は再び次の狩りへと出かけた 7月13日

3羽の子供達がエサに終結するのを見るや、父鳥は再び次の狩りへと出かけた。

兄弟3羽仲良くとは言わないまでも、父鳥が頻繁にエサを持ってきてくれるので、いまのところ3羽とも十分エサを食べられているようだ。

兄弟3羽で獲物を奪い合いながら、これから自分だけがエサを多く食べられるような(悪)知恵もいろいろと学んでいく事になる。

つづく

※オオタカ3兄弟、2羽のメス、1羽のオスと管理人の観察による推測に過ぎず、確証があるわけではありません。

最後までお読みいただきありがとうございました。



前の記事

「都会のオオタカ、観察の記録」24、親鳥の水浴び


次の記事


「都会のオオタカ、観察の記録」26、地上への進出

Copyright © 2014 TAKASHI IWAMOTO VIDEO / PHOTOGRAPHY All Rights Reserved.