BLOG

岩本貴志の勝手気まま、ブログ

  • 岩本貴志

「続、カイツブリ観察日記」11、ヒナたち

最終更新: 11月13日

このブログでは、2018年に東京、井の頭公園で繁殖したカイツブリの子育ての様子を、写真と共に紹介しています。

いっぱい食べて大きくなあれ!



水生物園の裏の巣では、危惧していた最後の卵も無事に孵りました。


全部で5羽の雛たちはみんな元気に成長し、最近は、親鳥と共に巣からちょっと離れるようになってきました。


雛たちの成長の早さには驚くばかり。

彼らは既に巣を離れて親たちと一緒に泳ぎ出した。

最初の卵が孵ってから最後の卵が孵るまで1週間ほどの開きがあるので、雛の大きさはけっこう違う。

大きなお兄ちゃんだかお姉ちゃん、既に頭を水につけて潜ろうとしていた。

小さな弟だか妹は、まだまだ、お父さんとお母さんの背中にしがみついて離れたくないようだ。

お父さんカイツブリ、漁に出かけるため潜ろうと、背中に乗っかるヒナに降りてもらおうと羽をばたつかせる。

でも残る1羽はどうしても降りたがらない。

するとお父さん、ヒナを背中に乗せたまま潜ってしまった。

あららら、大丈夫かな?

心配したけど何の事はない、小さなヒナはすぐにプカリと浮いてきて、そのまままっすぐ兄弟たちに合流。

彼らは巣から離れて御茶ノ水のほうをゆっくりと一回り。

その間、親鳥は何度かエビや小魚をヒナたちに与えていた。

水底では爆発的に小動物が増えているようだ。

日が当たると、細かい泡が、あちこちから湧き出てくる。

日光を浴びた水草が、光合成で水中に放出している酸素だろう。


親鳥は難なく餌をつかまえてくる。

ヒナたちは、みんなおなかいっぱい、すくすく成長する事だろう。



その時、カイツブリの上を低くカラスが飛んだ。

お母さんカイツブリは、警戒声を発し、相方を呼んだ。

難は逃れたが、カラスに目をつけられているのは確か。

餌の事よりも、ヒナを外敵から守る事のほうが大変そうだ。

敵はカラスだけではないのだ。


しばらく泳いでから、みんな巣に戻った。

小さなヒナたちにとって、まだまだ巣は大事な拠点、しばらく泳いだ後は巣の上で長いお休みタイム。


みんなで、仲良くお昼寝。

その間、親鳥も一息つける事になる。


やっと泳げるまでに成長した雛たち、親鳥たちはますます大変になっていく

つづく ■


前の記事

「続、カイツブリ観察日記」10、巣の素材


次の記事

「続、カイツブリ観察日記」12、そろそろ卵が孵りそうだ


Copyright © 2014 TAKASHI IWAMOTO VIDEO / PHOTOGRAPHY All Rights Reserved.