BLOG

岩本貴志の勝手気まま、ブログ

「都会のオオタカ、観察の記録」31、獲物の奪い合い

「都会に進出した猛禽、オオタカの物語」

普段は仲良し姉妹



このブログでは、2017年7月から2018年12月までの間、管理人の目の前で繰り広げられたオオタカの生き様、野生のドラマを紹介しています。



3羽の幼鳥たちは、お腹が空いている。

それなのに、親鳥のエサを運んできてくれる頻度が減ってきてしまいました。


さて、3兄弟の間でどのような事が起こったでしょうか。




空を自由自在に飛びまわれるようになった3羽の幼鳥たち。


今では、単独のカラスであれば、からかいながら、自由自在に追い払えるほどの飛行の腕前となった。


でも、まだエサは親頼り。


狩りの経験は昆虫のセミくらい、それではいくら食べてもお腹を満たす事は出来ない。


3兄弟がお腹が減っているのとは裏腹に、お父さんオオタカ、7月が後半に差し掛かる頃になると、以前ほどの頻度でエサを運んできてくれなくなっきた。



さて、どうしてだろう?



エサが少なくなり、お腹を十分に満たせなくなって来た幼鳥たち、


お腹がすいた幼鳥たちの、エサの取り合いは今まで以上に熾烈さを増していった。



3兄弟、何気に兄弟の裏を書いて、先にエサを奪って独り占めしようとしている。


どこから来るとも知れない、エサを運んで帰ってくるお父さんオオタカ。

常に何気に見晴らしの効く電柱や木の梢から、われ先にお父さんを見つけてやろうと見張っている。



兄弟たちも、エサを食べ損ねないようにお互い怪しい動きをしていないか、お互いがお互いを観察し合っている。



お父さんオオタカが獲物を運んでくると、皆一目散に獲物の元へダッシュ! 

と、ここまでは以前から見られていたのと同様の光景。




つい最近まで、お父さんは3羽が十分にお腹がいっぱいになるほどのエサを運んできてくれていた。

その頃は、餌は皆で仲良くまでとはいかないが、独り占めする事も無く皆で食べていた。



でも、最近エサは3羽がおなかがいっぱいになるほど運んできてくれない。


こうなってくると、少しでも多くのエサを食べてやろうと、兄弟皆必死だ。



エサを確保したら、落とさないようしっかりとエサを鷹づかみならぬ鷲づかみにする。


そして、獲物を羽で覆い隠しながら、兄弟に奪われないよう無我夢中で独り占めにして食べるのである。



エサを兄弟に横取りされまいと羽で覆い隠す



エサを取り損ねたほうは、直接的には攻撃しないものの、兄弟からエサを奪ってやろうと大声で威嚇。


相手がエサを落としたり、奪ったり出来る隙をうかがっている。


お互い威嚇はしても、攻撃をしないのはきっと兄弟の絆なのだろう。




エサはがっちりと捕まれ落とす事は無さそうだ



大声で相手を脅しながら行ったり来たり、近くに寄って脅しても、この時は相手からエサを奪う事は出来なかった。


エサを食べているほうは、落とす事も、奪われる事も無く、エサはしっかりと最後まで食べ終えた。

食べている場所も杉の葉に覆われ上手くエサを奪われずに済んだようだ。



餌を食べている幼鳥、「ここで休んでいるだけなのに、何をそんなに騒いでるんだ?」


餌にあり付けなかった幼鳥、「羽で餌を隠して食べているのは分かってるんだから、私にも半分よこしなさい!」


餌を食べている幼鳥、「餌なんか無いよ!」


兄弟同士、きっとこんなやり取りをしているのかもしれない。


この2羽はおそらく姉妹だろう。



また、別の時には。


空を飛ぶ力も十分身についた幼鳥、大きな獲物を持っていても、十分に空を飛べるだけの飛翔能力が身についたようだ。


お父さんが運んできてくれた餌を、丸ごと奪う事の出来た幼鳥、


兄弟たちから逃げて、エサを独り占めにしてやろうと、奪った大きな獲物を抱えて一目散に森から飛び出してきた。


「これを独り占めに出来ればお腹いっぱいだ!」



この獲物、俺が独り占めしてやる!



飛翔能力も殆ど親鳥と同等のようだ。


おそらく、肉体的にはすでに十分狩りを出来るだけに成長しているのだろう。


狩りを成功するためには、

命がけで逃げまわる獲物の飛行経路の読み、相手の裏を書き、なおかつ、その場の地形を上手く利用しなければならない。


そんな、多くの知恵と知識更には経験が必要になってくる。


3羽にはその知恵も知識もまだまだ足りない。


その領域に達するためには、とにかく失敗を重ねて覚えていくしかない。



背後からは追いかけてくる兄弟の影、簡単にはエサを独り占めには出来なそうだ



獲物を奪って逃げるのは長男のようだ。


体が小さいが、いつものように相手を良く観察し、上手く隙を突いてエサを奪って姉妹たちから逃げる事が出来たのだろう。


その背後からは、「独り占めにはさせないわよ!」と姉妹が追いかけてきた。


大きな獲物を持っていては、スピードも出ないし、思ったように飛び回れない。

長男はすぐに追いつかれそうになり、再び森の中へと逃げ込んだ。


エサを独り占めにしようとした長男、エサを解体しながら食べるのだが、その間肉片はポロリポロリと地面に落ちて行く。


欲張ってあわてて食べてもあまりいい事は無く、手にしているのより大きな肉片を落としてしまった。




再び森の中へ



結局独り占めして食べる事は出来ず、最終的には3羽みんなで獲物にありつく事が出来たしだいである。


食用旺盛な3兄弟、もちろんこれだけではお腹はいっぱいにはならない。



いつまでも十分なエサを与えられ続けていては、3兄弟、いつまでたっても親に甘えてなかなか狩りを始める事は無いだろう。



お父さんオオタカ、「子供達に狩りを始める気を起こさせよう!」と、きっとそんな気持ちで与える餌を絞り始めたのだろう。

もちろん失敗を繰り返させながらだが。


狩りが出来るようになるには、とにかく何度も何度も失敗を繰り返しながら学んでいくしかない。



そんなお父さんオオタカの子供たちへの気遣いと愛情を感じるのだった。




つづく


最後までお読みいただきありがとうございました。


前の記事


「都会のオオタカ、繁殖の記録」29、幼鳥とカラス


「都会のオオタカ、繁殖の記録」30、激しさを増した追いかけっこ


次の記事


「都会のオオタカ、繁殖の記録」32、狩りへの挑戦


「都会のオオタカ、繁殖の記録」33、空中餌渡し




Copyright © 2014 TAKASHI IWAMOTO VIDEO / PHOTOGRAPHY All Rights Reserved.