BLOG

岩本貴志の勝手気まま、ブログ

「都会のオオタカ, 観察の記録」36、空ではかなわない相手

「都会に進出した猛禽、オオタカの物語」


こいつは誰なんだ!かなわない!

このブログでは、2017年7月から2018年12月までの間、管理人の目の前で繰り広げられた野生のドラマ、オオタカの生き様を紹介しています。




8月の2週目になると、オオタカの森で兄弟3羽揃って見る事はほとんど無くなった。


行動は各自別々のようで、兄弟それぞれが、別々に新天地を求めて出かけているようだ。


オオタカの森に幼鳥がいなくなったと思いきや、しばらくすると、ひょっこりと戻って来ていたりする。


森に戻ってきているのは、大抵は1羽のみ。

仲良しだった姉妹も、別々に行動しているようにみえる。


そんなある日、オオタカの森上空で、1羽の幼鳥が小さな鳥とやり合っていた。

オオタカの幼鳥は、次女のようだ。


空でやりあっている相手の小さな鳥は、ツミ

ツミは、オオタカがいなくなりつつある森の制空権を取ろうと巡回していたのだろう。

そこに、オオタカの幼鳥が現われた。


静かになった森、常に誰かに狙われている。


単独のカラス相手には、余裕でやっつけてしまうオオタカ幼鳥であるが、ツミ相手には状況は全くそうはさせなかった。


初めのうち、オオタカは相手が小さいからなめてかかったのだろう。

優雅にゆっくりと、ツミを追い払おうと接近していった。


するとツミは、そうはさせずと体を翻しオオタカ幼鳥に歯向かってきた。



体を翻しオオタカに歯向かうツミ




追い出されそうになったツミは、執拗にオオタカの幼鳥に攻撃を仕掛けてくる。


オオタカの幼鳥は驚き、とりあえず逃げる。

というか、逃げるしかなかった。


オオタカも対抗しようと急旋回するが、ツミはすばしこく、簡単に付いて来る。

カラス相手とは全く違う。


なかなか優位な立場に立たせてくれない。



懸命に逃げるオオタカ幼鳥、ツミは余裕でついてくる



旋回能力では、体の小さなツミにとても及ばない。

兄弟との追いかけっこでやっていたように、体をひねり、ねじり急旋回を繰り返すが、ツミを巻く事がなかなか出来ない。



やっとの事ツミの後ろにつけたオオタカ幼鳥



何とか体を翻し、ツミの後ろを取ったものの。




直ぐに上空に逃げられてしまった



あっという間に上空に逃げられた。


ツミの上昇力は体が小さな分、圧倒的にオオタカを上回っている。


一羽ばたきで、あっという間に急上昇。






そしてまた直ぐに後ろに付かれてしまう。


どうあがこうとも、上空でオオタカの幼鳥はツミに手も足も出ない事が分かったようだ。



オオタカツミとの空中戦、オオタカは完全に敗退。




完全に負け犬となってしまったオオタカ幼鳥



羽並みにきづか付けられないよう、オオタカ幼鳥は逃げるしかなくなった。


何をしてあがこうともこの小さな相手、食い下がってくる。



オオタカ3兄弟のお父さん、狩りの名手でも飛行能力では全く手も足も出なかったツミ。


オオタカ幼鳥には、とてもとてもかなう相手ではなかった。




世の中には、恐ろしいやつもいるものだ



行動範囲を日々広げ、広い世界について学んでいく幼鳥たち。


飛行能力が自分たちオオタカよりも、さらに上をいく存在がある事を、まざまざと見せ付けられた。


「それにしても、逃げ惑うかっこ悪いところを、兄弟たちに見られなくて良かった!」



この、自由に行き来しているオオタカの森も、しばらくすると、身近な存在に奪われる事になる。



つづく



2018年8月10日の出来事



前の記事


「都会のオオタカ、繁殖の記録」34、逞しく育った幼鳥たち


「都会のオオタカ、繁殖の記録」35、新天地を求めて


次の記事


「都会のオオタカ、繁殖の記録」37、森から消えたオオタカ


「都会のオオタカ、繁殖の記録」38、しばらくぶりに帰って来た幼鳥

Copyright © 2014 TAKASHI IWAMOTO VIDEO / PHOTOGRAPHY All Rights Reserved.